さくらのDelicious Life

お腹いっぱい、夢いっぱい。食べる事大好きブログ🐷

名物『厄除けだんご』 法多山尊永寺に初詣に行ってきました♪ 

さくら🌸です。

法多山尊永寺。通称「法多山」(はったさん)。

厄除け観音として有名で、静岡県の西部袋井市にあり、初詣や桜の時期など多くの参詣客で賑わいます。

法多山にお参りにくる人の多数はお参りだけでなく、もうひとつの目的をもってくる方がほとんどです。

その目的は「厄除けだんご」。

150年以上の歴史をもつお団子で「くし団子」と将軍家から命名されたのですが、現在は「厄除けだんご」として名物になっています。

三が日がすぎ参詣客も落ち着いてくるころになったので、暇人の父を連れて法多山に初詣に出かけました。私たちの場合は、お参りより団子がメインですけど。

で、お参りを済ませて目的の団子を買いに。

今日はお家に持ち帰るのでお土産用です。

f:id:sakurasaku50:20190109192508j:plain

中はこんな感じです。

f:id:sakurasaku50:20190109201617j:plain

いわゆる団子というものとは見てくれが大きく違います。

5本の串にさした団子は、頭・首・胴体・手・脚を表し、団子に厄除けの意味を込めたと伝えられています。だから串は5本ですが、団子は5本繋がっているんですね。

6カサ(5本の串が刺さっただんご)入って、600円。とてもお手ごろな価格です。

お土産に何箱も買って帰る人がいっぱいいます。

f:id:sakurasaku50:20190109192517j:plain

でも食べる時は食べにくいので私は切り離してしまいますが、本当はだめだったりするかもしれませんね。

確か切り離したものを他人にあげてはいけないっていうのは聞いた事があるような。。。

f:id:sakurasaku50:20190109192450j:plain

粗めのこしあんがのっています。昔からのわりには甘すぎないあんこです。

なので、結構すいすい食べれてしまいます。

赤福みたいに「おいしい~♪」ってなるほど特別な感じはありませんが、ホント素朴でそこがこのおだんごの魅力です。厄も落としてくれますしね。

今回はお土産を買って帰りましたが、お茶屋さんもあるので、そこで休憩しながら食べることもできますよ。

1皿2カサ入りで200円。お茶もいただけます(そんなにいいお茶葉ではない気はしますが、そこは茶処静岡。お茶も十分おいしいです。)

私はこのおだんごしか食べたことがありませんが、お茶だんごや桜だんごなど時期によって違うお団子も楽しめるみたいです。

春になったら、桜の時期に花見しながら桜だんごを食べに行こう。

 

法多山プチ情報

駐車場からテクテク参道を歩きます。立派な門があり、国指定重要文化財「仁王門」です。そして、階段を250段くらい上ります。

父のような年寄りは結構辛いらしいですが、意地になって上ってました。

遊歩道がちゃんとあるので、階段がきつい場合はそちらでも大丈夫です。

上にはお守りやおみくじもあります。(私はどちらも買いません。)

あと、参道で数珠を売ってるお店があるのですが、そこのお店の人が買う人の気を視て数珠を選んだりしてくれるそうです。

以前はすごく当たると評判の占いもしてくれていたようですが、今はやってないんじゃないかな。。。

予約もなかなかとれないくらい人気があったんですけどね。

 

今日は結構冷え込んでます。

風邪ひかないようにしましょうね。